Kiichi

広島県出身。
数々のダンスコンテストでの優勝や入賞、国内外のアーティストのコンサートオープニングアクト、現在のメジャーアーティストのバックダンサーを育成するなど、ダンサーとして数々の実績を残した後、1999年にアミューズの元会長・大里氏との出会いにより、新しい音楽の表現方法を極めるためアーティストに転身。
2000年6月、
東芝EMI Virginレコードから「作詞・作曲もこなすダンサーでありシンガー。超大型新人“Vlidge”」として全国のFMでパワープレイを獲得、香港のジャパニーズポップスのチャートでは3位を記録、上海市にて中国政府主催で行われたコンサートで谷村新司らと並んでライブ出演する等で鮮烈なデビューを飾る。
「HEY HEY HEY」や「MUSIC STATION」「NHKポップJAM」といったメディア露出や、小田和正、鈴木雅之、Tina、Skoop on Somebody 等のアーティストとの共演をきっかけにして、高いクオリティで時代の先を行くVlidgeの音楽性はEXILEやケミストリー、D-51をはじめメージャー・インディーズを問わず多くのアーティストやボーカリストにも多くの影響を与え、「ジャパニーズR&B界のパイオニア」とも言われる存在となる。
Vlidgeとしてのアーティスト活動の傍ら、2007年に長澤まさみ主演のカルピスCM楽曲「FOREVER FRIENDS」をD-51に提供したことをきっかけに作曲家・作詞家としてもメジャーデビュー。引き続き2008年度カルピスCMでのタイアップソング「Travelers Of Life」も楽曲提供。(同曲は某ダウンロードサイトのデイリーランキングで発表当時1位を獲得。)
2009年度のNHK教育テレビ“天才てれびくん”では、番組エンディングや挿入歌含め3曲の作詞を手掛け、ジャニーズの“KAT-TUN”田中 聖のソロ曲「shorty」でのコーラスも担当。
2010年以降には、「ようかい体操第一」で社会現象を巻き起こしたDREAM5の楽曲への歌詞提供、オリコンチャート1位を記録したアイドルグープSDN48のメンバー大山愛未への楽曲提供及びプロデュース、モンスターK-POPアイドル“M.E.N”のデビューシングルの作曲等、メジャー/インディーズを問わず若手の育成にも力を入れながら活動の幅を拡げている。
2011年からは、D-51×Vlidge での4人組 “Monster roar” の活動もスタート。
アーティストとプロデューサーという2つの顔を持ちながらその勢いは止まることなく、
2015年3月、故郷広島にて[production SWITCH]を設立。
帰郷して1年も経た図して「ミスユニバース2016広島大会CMソング」、「もみじ銀行CMソング」、「広島ドラゴンフライズテーマソング」等、メディアがKiichiの楽曲を起用。既にその圧倒的な存在感を証明している。
Japanese R&Bと新しいPopsの時代を牽引して来たハイトーンボイスはどこに向かうのか、
今後もさらなる活躍が期待されている。